木造住宅の耐用年数

マイホームを手に入れるなら新築一戸建て!こだわりの注文住宅を建てたい!
人それぞれ、家への理想や夢があると思います。そんな思い入れのある家なら少しでも長持ちさせたいですよね。
住宅は大きく分けて木造と鉄骨があります。日本人は昔から木造の家に住んでいますから、木造に愛着があります。
木造の住宅は、木ならではの独特のあたたかみがあります。ナチュラルテイストが好きな女性からも人気を集めています。
このサイトでは、日本人に人気の高い新築木造住宅の耐用年数について紹介していきたいと思います。

木造住宅の寿命

鉄筋コンクリートよりも寿命が短いと思われています。

みなさんが注文住宅を建てられるときに考えるのは、「このマイホームで何年間 生活することになるだろう」でしょう。 環境が変化したり遠くへ引越しをしなければならなくなって住まなくなるケース もありますが、住居として何年使用するかを考える時に真っ先に考慮するのは その建物の寿命になるのではないでしょうか。

続きを見る

耐用年数が30年ではない

一般的な木造住宅の寿命が30年という話の真偽は。

実はこの良く聞く30年という年数は寿命ではありません。 では何が30年なのか、それは建てられてから取り壊されるまでの平均年月であり、 取り壊しの理由にはもう住めないほど老朽化しているから、という以外の物も 多数含まれているのです。 まだ十年以上はリフォームすれば暮らすことができそうだけれどこの土地には マンションを建てたいから今ある木造のこの建物は壊してしまおうか、といった ケースでの年数も計算に入っているのです。

続きを見る

築80年の木造住宅も

お手入れさえしていれば木造でも100年近く住むことができます。

木造住宅の寿命が30年というのは間違いだと先ほど説明しましたし、鉄筋住宅 にも負けない耐用年数を誇ることも理解していただけたでしょう。 実際にお手入れを欠かさないでメンテナンスもしていれば80年以上もそのまま 大きなリフォームをせずに、朽ちることなく建ち続ける建物もあります。 この80年というのもおおげさな誇張ではなく、木材本来の性能を計算しても 至極妥当な耐用年数になるのです。

続きを見る

寿命を延ばす秘訣

どうすれば木造住宅の寿命を長くすることができるのでしょうか。

自分が住む家ですし可能な限り長持ちさせたいと家主は願っているでしょうが、 ではどうすれば寿命3桁年数を実現させることができるのでしょうか。 これはもうメンテナンスを怠らない、ということに尽きるのですが、なにも大きな 改修や補修を数年ごとにやりましょうというのではありません。 メンテナンスと書くと大変そうに感じるかもしれませんが、普段のお掃除だって その中には含まれているのです。

続きを見る